ヤミ金被害相談の弁護士司法書士

ヤミ金相談ならヤミ金専門の事務士へ相談

 

はっきり言ってヤミ金は犯罪です。
ヤミ金被害相談者も後を絶ちません。
 
だから、闇金融の業者は普通の消費者金融と比べて「取り立てが厳しい」現実があります。
消費者金融なら、法律上の規制が有るため厳しい取り立ては出来ません。
 
でも闇金の取り立ては違います。闇金融の業者の嫌がらせたるや尋常ではありません。
さらにひどくなると、勤め先(勤務さき)や家族・実家・隣近所や町内に至るまで問題が一気に拡大し、
にっちもさっちも行かなくなる場合も珍しくありません。
とても素人が、自分で直接個人で対峙して相手が出来る訳がありません。
こんな理由でヤミ金被害相談が増えているのです。

 
警察に相談したら良いのでしょうか
しかし、警察には「民事不介入の原則」があります。特にお金の貸し借りについては
ほぼ例外なく貴方に協力してはくれません。

お金を借りた、あなたの問題でしょう!自業自得ですね」と一蹴されるのが落ちです。
警察に相談するのは間違いです。

では、弁護士事務所に相談したらどうでしょう。
確かに、消費者金融の過払い金問題などの解決は、TVなんかでも良くCMをやっています。

でも弁護士でも、大部分はヤミ金問題を扱ってはいないのです
ヤミ金に対しては、特別な知識が必要なので、ヤミ金専門の法律事務所にお願い
するべきなのです。ヤミ金被害相談は、専門の弁護士や司法書士しか解決できません。
では、どこの闇金対応の専門家の法律事務所、法務事務所に依頼すれば良いのでしょうか?
冷静に判断して、厳選したおすすめの専門家を下の様にランキング形式で記載します。

 

ジャパンネット法務事務所

 

ジャパンネット法務事務所

 

 

費用の支払いは後払いOK、分割払い可能
・相談料無料で即対応。最短で即日解決の可能性あり。
・ヤミ金への利息はもちろん、元金も返済不要。
・2万件以上の物凄く豊富な実績件数を誇ります。
・電話(ヘルプデスク)で申し込める。
・即時に対処します。秘密は厳守
ヤミ金被害相談者には一番おススメの専門家と思っています。
 
ジャパンネット法務事務所 詳細はコチラから

 

 

エストリーガルオフィス

 

ヤミ金解決のエストリーガルオフィス

 

・全国対応・最短即日着手
費用の支払いは後払いOK分割払い可能
・相談無料で最適な解決方法を提案します。
電話(ヘルプデスク)で申し込める。
・着手金が1社あたり4万円(通常は5万円)と格安。ヤミ金被害相談者には助かります。
 
エストリーガルオフィス 詳細はコチラから

 

 

 

クレアティオ法律事務所

 

 

 

・北海道〜沖縄まで全国対応(離島も対応可)です
警察と密接に連絡を取り合っております
・突然の細則や脅迫などヤミ金絡みの緊急案件に随時対応を承っております。
・こちらも適切に対処してくれるのですが、電話の窓口が無いのが難点です。
 (実際は優秀な直接、電話で話をして、現状や経緯を直接聞いてもらった方が精神的に楽なんです)
・秘密は厳守してくれます。
・この事務所もヤミ金被害相談の専門家。

 

クレアティオ法律事務所 詳細はコチラから

 

ウォーリア法務事務所

 

闇金問題解決のスペシャリスト ウォーリア法務事務所
・料金はヤミ金被害相談案件でも相談無料・分割・後払い可能。
・ヤミ金業者との交渉力は抜群。

 
ウォーリア法務事務所 詳細はコチラから

 

 

何でヤミ金なんて存在しているのでしょうか?

 

ヤミ金は、何といっても庶民を食い物にする悲惨な状況が続いています。ヤミ金被害者も後を絶ちません
では、そのシステムは一体どんな状況なっているのでしょうか?
まず最初に、なんで今の様にこんなにヤミ金業者が増えて
しまったのでしょうか?
もちろん。長期的な不況が原因なのですが、それだけではありません。
これは小泉政権の誕生が原因です。
小泉政権は2001年に誕生したのですが、東京都に登録されている
闇金業者の数を調べればわかります。
小泉政権が誕生した直後に 業者の登録数は3倍に増えている
つまり、日本のトップがまだしばらくデフレが続く・・と宣言したことに等しい。
こうなると必然的に資金繰りに困る人たちが増えます。
だから、新規の金融業者(ヤミ金業者)が増えたのです。

 

では、どうすれば登録業者になれるのでしょうか?

 

 

ヤミ金が何故ここまで増えたのか?何故ヤミ金被害者が後を絶たないのか?

 

 

実はわずか15万円(小泉政権発足当時は何と43000円)で誰でも登録できたのです。

 

 

登録業者になる価値は何があるのか?

 

これはズバリ広告が打てるのです
夕刊紙やスポーツ新聞。あるいは男性向けの雑誌に広告が出ているのは
ご存じと思います。
そして広告を良く見ると 登録番号が記載されています。
「都(1)12345ABC」というコードです。
このコードが有れば 広告を打てるのです。
こんな理由でヤミ金の被害者が増大してしまっているのです。

 

ヤミ金業者か まともな金融業者との区分方法

 

実は理屈が解っていれば簡単なんです。

 

「都(1)12345ABC」の登録番号。この都(1)が重要です。

 

かっこの中の数字は登録の更新回数です。3年に1回更新されて 都(2)になります。
普通、ヤミ金業者は悪名が広まると登録を取り消して形上は廃業します。
そして名前(会社名)を変えて、新規に申請します。
従って、(1)の業者はヤミ金で危ない・・と注意したほうが良いのです。
カッコ内の数字が大きい業者から借りるほうが、安心なのです

何故、こんな高金利で借りる人がいるのか?

闇金問題は一時期、かなりの社会問題にもなっていました。ヤミ金の被害相談数も増大していました
最近は減った・・という調査や報道もありますが、闇に潜っただけ。自分自身、不安になります。
闇金融の金利って酷いものです。
中には10日で1割。俗に言うトイチなんてものまで存在します。
もちろん違法です。 消費者金融業者なら行政指導で免許はく奪・・という方法もあるのですが。
ヤミ金は元々違法業者だから、免許停止なんて怖くないんです
だから、闇金の被害相談はヤミ金専門の法律事務所しか対応できないんです。
現在,債務整理の情報でCMを流している事務所は対応できないでしょう。

 
では何でこんなこ高利から借りるのでしょうか?
実は理由ははっきりしています。
@もちろん金額にもよりますが、保証人や担保の設定を必要としないことです。
もちろん、それは普通の消費者金融と同じですが、こんな人はもはや
消費者金融からは借りる事が出来なくなっているのです。
 

又、借りるのが中小企業の業者の場合、既に銀行やノンバンクから沢山
借入をしていれば、新規の融資を受けることは困難です。
特に手形決済・・という事が影響します。
売掛金の回収前に手形の引き落としがある場合などです。
例えば今月末の100万円の手形引き落としがあるのに、入金は来月10日。
手形が落ちないと信用の既存ばかりか今まで借りている資金にまで影響します。
下手をすると、即刻全額返済を要求されるかもしれませんし、2回の不渡りを
出すと倒産です。
そこで、短期間の繋ぎの為にヤミ金から借りる人もいるようです。

男性と女性・・どちらに貸すのが効率良いか?

 

ヤミ金業者は男性女性の区分なく貸しています。
では、どちらが効率が良いのでしょうか
答えは女性です。 貸した金を回収するのが楽だからです。
まず、主婦の場合ですがふつうの会社は給与は銀行振り込みです。
亭主より奥さんのほうがお金を管理しているので、お金の融通も
聞きやすいのです。
OLなら、アルバイトで直ぐ稼げます。
特にいまなら、売春しなくても、もっとソフトで高収入の風俗も
沢山あるので、余り抵抗なくできるそうです。
ヤミ金業者にとっては 10万円も貸している顧客が10人もいれば
結構良い収入になるそうです。
 
それに比べて男性の場合は、こんな簡単に稼げるアルバイトも無いし
給与も奥さんに握られているので、比較的大変です。
女性の場合、未婚の場合は親が立て替えてくれる事も多いのです。
たかが50万、100万円の金で 娘が風俗なんかで働いたり

悪い評判を立てられるなら・・・と言って弁済することも多いようです。
 
いずれにしても、女性のほうがヤミ金業者に狙われ易いのでご注意を。
出来ればヤミ金被害の相談なんて、やりたくはありません。